Seijo Today...Information. Sakiori is a remake of an old Kimono.

梅雨空も、ひと休みの成城です。

 

20170617_132136.jpg 

 

今日は東京都議会議員選挙、投票日。

 

20170617_131908.jpg ところで、こちらは神奈川県。​

 

小田急線で小田原方面へ向かった先に、「裂き織」の作家さんのアトリエがあります。

「裂き織」読んで字のごとく、布を裂いて織る伝統の織物。

8q.jpg

綿布が貴重だった時代、人々は大事に大事に使い、古くなった後もなお、

布を再利用する方法・・・「刺し子」「裂き織」を生み出しました。

 

裂き織作家、田村陽子さんは、ある骨董市で「裂き織」と出会い、

それまで関わってきた糸とは違う風合い、ぬくもりに魅せられ・・・

 

そして先人達の心豊かな知恵を受け継ぎ、作家として現代にそれを活かして作品作りをしています。

 

4q.jpg 3q.jpg 

4・裂き布を糸玉に.JPG 1q.jpg

暮らしの中で活きてきた古い着物を洗い、解き、丁寧に細かく裂き、

それを縦糸として絹の横糸と織り込んで、布は新たな布となる。

 

作家の手により生まれかわった布は、また時間を取り戻して・・・

 

かつては、普段の性格の中で着物は活きていました。

ちょっとしたお出かけに、子供の学校の集まりに・・・

そんな親世代の残した着物の行方・・・

 

今、それを引き継いで着るすべがなく、箪笥にただ眠っている着物の多いこと・・・

 

「眠れる尊い布に光を!」

田村さんが提案している「着物リメイク・裂き織」は、

想いでの着物を洋服に仕立て直すのではなく、丁寧に解き、裂き、絹糸と共に

織りあげ、着やすいベストやジャケット、バッグや小物に生まれ変わらせること。

 

6q.jpg 5q.jpg 7q.jpg     作品バッグ3.JPG11q.jpg12q.jpg

 

裂き織の風合いは、柔らかく温もりのある優しさ・・・

そこに、大事に着ていた方の想い出もよみがえり・・・

 

 

ご興味のある方は、田村さんのホームページで詳しくご覧いただけます。

 

作家の作品展示会でお求めになる価格より安価で、着物リメイク作品のご依頼をお受けしています。

*婦人ベスト(上の写真)¥35,000〜

 

ご相談、お問い合わせは TEL/FAX 0465−42−5576(田村陽子)

E-mail: sogano-orihime@tbz.t-com.ne.jp

 

尚、成城storyでも作家へお取次ぎいたします。

E-mail: coart7@gmail.com   までお気軽にどうぞ。

 

 

 

★成城Storyは日本ブログ村」ランキングに参加しています★
よろしかったら。。応援クリックをお願いいたします!!